「ほっ」と。キャンペーン

プールサイド

処暑を過ぎ、長かった天候不順からようやく抜け出たように久々に青空が広がりました。
温度計も35度と真夏の暑さに体が興奮しました。

真夏の太陽が降り注ぐプール、水の色もエメラルドグリーンに輝き子供たちの歓声がこだましている。
無邪気に泳ぎ回る子供たち、あまりにも眩しすぎる。
この姿にすばらしい躍動感を感じ、この子らの未来を思う。

廻り来る季節の早さに、焦りを感じる小生とは視点が違う。
これが歴史というものだろう。と、つまらぬことを思いながらも、
ライフセイバーの使命に、目だけは厳しく水中を見ている夏の日です。
[PR]

# by takatihomine-b | 2014-08-26 19:46 |

夏の終わりに

夏というのに、毎日が梅雨のようです。

ほぼ毎日が曇りと雨の中、夏休みも残り少なくなりました。
夏休みを惜しむかのように毎日繰り広げられる人々の営み、何とすばらしいことだろうか。
こんな時代に帰ることのできない人生。
ここには歴史の重みがあり、夏がある。

お客様の姿を見ていると、いろいろなことが走馬灯のようによみがえる。
プールサイドでは、老いたライフセイバーが今日も目を光らせている。

広島では、豪雨災害で多くの人が亡くなられたり罹災されました。
心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。

c0153173_2126987.jpg

c0153173_21264236.jpg

[PR]

# by takatihomine-b | 2014-08-25 21:23 |

真夏の歯車

真っ青な空、湧きあがる入道雲。
強烈な日差しが肌を突き破る。
朝礼時の気温はすでに35度、終礼時前には42度を超える日々。
メラメラと燃える夏の日に、
華やかな歓声がこだまして、子どもたちの世界が繰り広げられている。

この夏は、LGとしてプールサイドから目を光らせている。
ある企業の小さな歯車として、救命という重責を背負っている。
ローテーション勤務の気が抜けない仕事です。
今日は、同僚が機敏な行動で1名を救助しました。

大勢の子どもたちを見ていて、確かに世の中が変化していることに気づいた。
永遠の時間の中で、何が正しく、何が誤りなのだろうか。

通り過ぎていった時の流れの中で、
無数の神経が無言の責苦を感じる真夏の歯車であります。
[PR]

# by takatihomine-b | 2014-07-26 17:09 |

笹ゆりの思い出

あれから何年の歳月が流れたのだろうか?
人生で初めて「笹ゆり」に出会ったのは飯ヶ岳の急登だった。
小柄で優しく、淡いピンクの花びらがなんとも言えなく、
抱きしめたくなる感動が、今も走馬灯のように思い出される。
それは、あの初恋のような甘い香りに胸が詰まる思いがした。

新聞で笹ゆりが鹿野の天神山公園と長野山に咲いているという記事が目に留まり、
行ってみました。2時間も掛けて見に行くものではありませんでした。
公園自体が荒れていて、数本の人工のゆりが咲いているに過ぎませんでした。
(最近、この新聞はよほど記事が無いのか、がっかりすることが多くなりました。)

年輪を重ね、心ときめくことも無くなりつつあります。
自然を追っていくと時間の早さに飲み込まれてしまいます。
まだまだやりたいことが多く、時間が足りません。
あと少しで、計画通りの人生が待っていましたが、
F市長に理由も告げられずに、解雇されました。
今まで支持してきたことは何だったのだろうかと、人間不信に陥り、
政治家として、何かの圧力に屈したのだろうと?
やはり、若すぎる・・・・・・・・。
大物職員ならいざ知らず、毒にも薬にもならない臨時職員みたいなものだったのに。
理解に苦しむよ。
まあ、どうでも良いことだ。

人生のたそがれには、甘い香りの「笹ゆりに」出会いたいものです。
c0153173_2211013.jpg

[PR]

# by takatihomine-b | 2014-07-03 22:00 | 日々雑感

就活面接

ようやく風邪も治ったが、相変わらずの寒さである。
いつになったら、春の爽やかな風が吹いてくるのだろうか?
梅の花は、花ほころび「梅一輪一輪ほどの暖かさ」を通り過ぎ満開の木もある。
昨日の雪にも負けず、山つつじも咲いているところがある。
着実に春は近づいている。
「春よ来い 早く来い♪」
あっという間に去り行く歳月。
それでも前へ前へと進んでいかなくてはならない現実がある。

今日は再就職への面接日。
一人の求職に対して、9人が応募していた。
ほとんどが女性で、若さですでに負けている。
少し緊張の中順番が回ってきた。
面接官がそれぞれ幾つもの質問をされ、
「長年の職務の中で、一番満足されたことは何ですか?」
この質問には、正直言って困った。
職業柄、満足のいく仕事なんかありえなかった。
職業の選択肢が無かった私には、
仕事に対する夢なんかありえなかったし、
いつもこんな筈ではなかったと思いながら、長年色々な職務を遂行してきた。
それでも、すぐに「満足したことなんかありえませんでした。」と言うことができず。
「職業柄、満たされるという職業ではありません。」
と言った。
何とか人生の長さで、心から適切な回答をしたつもりです。

人生最初の就活面接から数十年目の出来事であったが、
すごく新鮮な感動を得ることができました。
そして、すべての面接官の終始和やかな質問のされ方に、心温まるものを感じ有意義な時を過ごすことができました。

c0153173_20201330.jpg
c0153173_20203794.jpg
c0153173_20211749.jpg
c0153173_20213941.jpg
c0153173_20215417.jpg
c0153173_20221097.jpg

[PR]

# by takatihomine-b | 2014-02-12 20:18 |

新年天皇一般参賀

遅くなりましたが、今年も宜しくお願い申し上げます。

今年のお正月は、天皇一般参賀に行ってきました。
雲ひとつ無い青空のもと、厳重な警備の中を二重橋から宮殿の東庭に進むのですが、
すごい参賀の人波で、なかなか前へ進むことができません。
この日は、5回のお出ましがあったのですが、8万人が一般参賀へ訪れたとのことです。
私は、5回目の2時30分のお出ましに訪れました。
東庭を埋め尽くした参賀の人へ、天皇陛下は、皇后様をはじめ皇族方とベランダにお立ちになられ「本年が国民一人ひとりにとり、安らかな穏やかなものであることをねがっています。年の初めにあたり、我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。」と述べられ、
笑顔で手を振られました。
初めての天皇参賀に感激したお正月でした。
c0153173_215795.jpg


c0153173_212958.jpg

[PR]

# by takatihomine-b | 2014-01-02 20:59 | 新年

最高の錦秋美の聖湖畔

聖湖畔の紅葉を見に行ってきました。
空は時折日が射す曇り空、それでも三段峡の入口辺りから
素晴らしい紅葉が迎えてくれた。
深入山辺りの木々の山吹色が黄金に輝き、
真っ赤に燃えるもみじが美しい。
聖湖畔の入口は進入禁止になっており、
「リゾート聖湖」の方から入りました。
今年は、今が最高の錦秋美です。
リゾート聖湖の辺りは周囲が黄金色に輝き、言葉では言い表せない景色に
何か違う世界を感じました。
とにかく素晴らしく例年になく木々が燃えていました。
紅葉狩りに多くの人々が訪れ、車を止めてはシャッターを切っていました。
あまりにも素晴らしい紅葉に酔いしれ、命の洗濯をしてきました。
とにかく、今が最高です。
(写真ではこの色合いが出ないのが残念です。)
c0153173_21462624.jpg
c0153173_21464854.jpg
c0153173_2147584.jpg
c0153173_21472278.jpg
c0153173_21473968.jpg

[PR]

# by takatihomine-b | 2013-11-04 21:40 | 紅葉

再び咲いた金木犀

庭のきんもくせいが今年2度目の開花をしました。
どこの金木犀も2度咲くのでしょうか?
近年庭の金木犀が2度咲くことに気づきました。
今日から甘い香りを放っています。
金木犀が咲くと本当に雨になるのですね。
明後日から雨の予報になっていました。

伊豆大島の方には心からお見舞い申し上げます。

加齢と災害、人災、経済等々人生の旅路に疲れることばかりです。
誰を怨むものではないが、
はやく感謝の心眼を開く日が来て欲しいものです。
c0153173_20462850.jpg
c0153173_20465219.jpg

[PR]

# by takatihomine-b | 2013-10-21 20:45 | 日々雑感

秋の恵み

今日も朝から忙しい時間を過ごしています。
先週も忙しかった。
もう「体が壊れそう。」と悲鳴をあげています。
苺のランナーの植え替え、ソラマメ、キヌサヤの植え替え等々。
今日は、長いもの収穫をした後、庭木の剪定をして随分疲れました。
「お父さんそんなに働かないで」と妻の声。
「わしがやらねば誰がやる」
困った人生のたそがれ時になったものだ。
初めて長いもの収穫をしましたが、
こんなに立派な長いもができました。
1メートル以上あります。来年の自信につながりました。
「椎茸」もこのところ気温が下がったためか、
沢山出てきました。
これも初めての栽培です。
あと3~4日後には美味しい「椎茸」が食べられそうです。
明日も終日多忙なれ。
今日よりもっと多忙なれ。
頑張れるうちに頑張っておこう。
c0153173_20324665.jpg

c0153173_20475262.jpg

[PR]

# by takatihomine-b | 2013-10-21 20:31 | 日々雑感

六甲山登山(神戸)

神戸に行ってきました。
阪神淡路大震災から20年近く経ちました。
先日、テレビで放映された六甲山の毎日登山に刺激され、
どうしても、六甲山に行ってみたくなりました。
なかなか時間的な余裕が無く、
六甲山の頂上は諦め、麻耶山を目指しました。
初日に登ろうとしたけれども、駅のロッカーが空いてなくて、
急遽変更して、初日は三宮から異人館を回り、
三宮商店街から中華街の観光をして、メリケンパークまで散策しました。
歩数計は2万2千歩でした。

2日目に、麻耶山に登ったのですが、
時間的余裕がある人はよいのですが、私のように時間限定と言うことになれば、
よく調べていくことをお勧めいたします。
と、言うのも神戸駅の観光案内では、「布引貯水池」までのマップを
渡されるだけで、内容についてはまったくご存知ありません。
また、三宮の「神戸総合インフォメーション」でも、
5~6名の女性事務員がおられましたが、400円の「六甲山縦走マップ」を
販売されるだけで、「詳しいことは、本日は知っているものが不在でして、
あのテレビの放映は、良いところだけとって放映されていたようです。」と
マップについても、見方すら分からない。
確かに、麻耶山の掬星台からの景観は素晴らしく、分水嶺の縦走路も素晴らしかったが
新神戸駅に帰る人は、青谷道を下ってはいけない。
道幅の狭い旧麻耶道を下ってください。(ハイカーの往来はほとんどありません。)
総合インフォの人は何も知りません。
ハイカーが多いので、その人たちに尋ねるほうが確かです。
本では、猪が多いので注意しましょうとありましたが、本当です。
大きな親とうり坊4頭に遭遇しました。
何はともあれ素晴らしい六甲と神戸の旅でした。
c0153173_20513940.jpg
c0153173_2052015.jpg
c0153173_20522462.jpg
c0153173_20524610.jpg
c0153173_2053738.jpg

[PR]

# by takatihomine-b | 2013-10-14 20:49 | 登山と自然