凍てついた春が来た


順調に春に向かって動き出したすべてのものが凍てついた。
つらい辛い週のはじめ、
おまけに日曜日から食中毒に見舞われて
苦悶の日々、
ようやく回復に向かいだした。
そんな中、今朝の朝陽は美しかった。
思わずたたずんで今日の一日の夢を見た。

健康でなければ味わえない春の空気です。
はてしなく続く道が、今日のようでありたいと願わずにはいられない。
16日が大将軍社の大祭です。
昔、古老がよく言っていました。
 「大将軍の前には必ず雪が降る。この雪でほんとうの春が来る。」と、
気候温暖なこの地方も、このことだけは多聞にもれず当てはまる。
非情な寒波も過ぎ、今度こそ確実に春が来る。

桜のつぼみも膨らみ始め、菜の花が咲き乱れている。
ウグイスもあちらこちらで鳴いて、
干された川海苔が風に揺れ、
春の空気が、病んだ体を包み込んでくれる朝の道。
今日も背伸びせずに謙虚にいきてゆこう。
c0153173_22125445.jpg
c0153173_22131689.jpg
c0153173_2213592.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2010-03-11 22:14 |