花一会 人また一会

一日の始まりの朝

ゼロからの始まりがある

静かな窓があかるくなっていく



果てしなく思えた人生の道も

限りがあることを知った日に

胸の奥の心が寂しそう



階段を220段登ってゆく

悲しみや苦しみの中で

秋咲く桜が眩しそう


c0153173_632444.jpg
c0153173_633144.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2010-11-15 06:33 | 人生の詩