水前寺清子さんと歩くお大師堂めぐり

さわやかな初夏の風を感じながら、
新緑が香るのどかな周防大島を歩いてきました。

参加者約1600余りの「お大師堂めぐり歩け歩け大会」でした。
ここは昨年亡くなられた作詞家星野哲郎さんの出身地だそうで、
その縁で、「水前寺清子さん」が駆けつけられました。

初めて目にする水前寺清子さんは、本当に美しく、
清らかな乙女という感じ方でした。

「東北の震災地から、チータ!「三百六十五歩のマーチ」をぜひ歌いに来てくれと
言われているのですが、
今は、行けません! 報道されている箇所はごく一部なのです。
まだまだ、水や食料に困っておられる手つかずの被災地が多くあるのです。
そんなことで、私はまだ行けません。」
こんなことを、おっしゃっておられました。
今日も、東日本大震災の義援金を募っておられました。
閉会式では、「三百六十五歩のマーチ」「いつでも君は」
を歌っていただき感激いたしました。
 水前寺清子さん本当にありがとうございました。

さて、大会に戻りますが、私は健脚コース(総距離、約16km)に挑戦しました。
青葉、若葉が目にしみ、さわやかな初夏の風を浴びて、すべての札所(18箇所)を回らせていただきました。
 アップダウンがかなりあるので、ウォーキング大会とは違う体力が要りました。
昼食も20分程度の時間でしたが、それでもゴールにはタイムアウトの10分前でした。
時間に追われたのが少し残念でしたが、完走できた喜びと爽快感は何ものにも変えがたいよき思い出となりました。
 大会関係者の皆様、大変ご苦労様でした。ありがとうございました。
c0153173_732098.jpg
c0153173_734014.jpg
c0153173_74482.jpg
c0153173_741884.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2011-04-30 07:07 | 登山と自然