周防大島へんろ旅

(遍路の言葉)

 迷うが故に三界に城、

      悟るが故に十方は空、

 本来東西無く、

      何処にか南北あり。

 
 今の私には遍路の意義や目的も無く、新緑の中の自然に恋することです。
大島町役場を起点に23番雲蓋寺から始めて開作の海岸沿いを歩いて22番札所を回り志佐~日見の45番札所西長寺から農免道路を回って役場へと、延々18キロ、27500歩の道のりでした。 

 この日は9つの札所を回ることができました。

 気温は高く陽射しが肌を刺します。みかんの花は、まだ少し早く蕾でしたが、もう1週間もすると甘い香りを放つことでしょう。

 季節としては一番好きな季節のような気がします。
 しかし、こんなに歩いているとほんとうに淋しくなります。
多くの家が空き家になり、見かける人が本当に少ないのです。
大きな家も庭も、あの栄華を忘れたように息をしていないのです。
 人生ってなに、家ってなに、隣人って、家族って、生きること、国家って、
複雑な思いが胸中を締め付けます。

夢、希望、努力、幸せ・・・・加齢のせいか虚しい・・・


c0153173_21434629.jpg
c0153173_2144351.jpg
c0153173_21445137.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2011-05-10 21:47 | 新緑