金木犀が咲いた

朝の冷たい空気から甘い香りが漂ってきた。
金木犀が咲いたのだ。
40年前に植えた金木犀が、
こんなに大きくなり、季節を忘れることなく咲き続けてくれる。

苦しかったこと、悲しかったこと、少しの楽しみも、
すべてを見てきたこの金木犀。
惰性で生きようとしている私に愛の香りを届けてくれる。

みじめな人生の黄昏に、新鮮な香気をいただいた。
まだ遠くへ行こうとする夢の中で、
やる気、勇気を与えてくれる。
あきらめずに生きていこう。

朝の金木犀の香りの中で。
c0153173_2111861.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2012-10-22 21:10 | 日々雑感