朝の気配

なんとすがすがしい朝なのだろうか

山の新緑が澄んだ空気の中で輝き

庭の木々の新芽が露に濡れている

昨日掘ったあさり貝がめをふき

貝汁の支度を待っている

すでに陽は昇り

自然のすみずみを照らしている

勝ちを信じる能天気者が

恩を忘れ

狂言のうわごとに権力をかざす

いつからそんなに偉くなったのか

それで幸せと感じるなら

今日のことを考える必要はない

己を殺し人の幸せを考えるのが

あなたの仕事ではないのか

もうあなたなんかどうだっていい・・・

幸せより希望より

眩しく輝く

朝のこの気配がいいのだ
c0153173_8125017.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2013-04-26 08:12 | 人生の詩