夏の終わりに

夏というのに、毎日が梅雨のようです。

ほぼ毎日が曇りと雨の中、夏休みも残り少なくなりました。
夏休みを惜しむかのように毎日繰り広げられる人々の営み、何とすばらしいことだろうか。
こんな時代に帰ることのできない人生。
ここには歴史の重みがあり、夏がある。

お客様の姿を見ていると、いろいろなことが走馬灯のようによみがえる。
プールサイドでは、老いたライフセイバーが今日も目を光らせている。

広島では、豪雨災害で多くの人が亡くなられたり罹災されました。
心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。

c0153173_2126987.jpg

c0153173_21264236.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2014-08-25 21:23 |