カテゴリ:紅葉( 28 )

最高の錦秋美の聖湖畔

聖湖畔の紅葉を見に行ってきました。
空は時折日が射す曇り空、それでも三段峡の入口辺りから
素晴らしい紅葉が迎えてくれた。
深入山辺りの木々の山吹色が黄金に輝き、
真っ赤に燃えるもみじが美しい。
聖湖畔の入口は進入禁止になっており、
「リゾート聖湖」の方から入りました。
今年は、今が最高の錦秋美です。
リゾート聖湖の辺りは周囲が黄金色に輝き、言葉では言い表せない景色に
何か違う世界を感じました。
とにかく素晴らしく例年になく木々が燃えていました。
紅葉狩りに多くの人々が訪れ、車を止めてはシャッターを切っていました。
あまりにも素晴らしい紅葉に酔いしれ、命の洗濯をしてきました。
とにかく、今が最高です。
(写真ではこの色合いが出ないのが残念です。)
c0153173_21462624.jpg
c0153173_21464854.jpg
c0153173_2147584.jpg
c0153173_21472278.jpg
c0153173_21473968.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2013-11-04 21:40 | 紅葉

聖湖の紅葉

昨年は見頃を過ぎていたので、今年こそはと狙っていました。
運良く、2日前にテレビ放映され詳しい状況が把握できました。
天気の方も明日から雨なので、最高の休日になりました。
聖湖の紅葉は黄葉が多く、湖に映える錦繍美はすばらしい絶景です。
別荘のあたりはモミジの紅葉がすばらしく、
赤や山吹色に燃えていました。
また、冬が来るのですね。
季節を追っていると、
年齢を重ねるのが早く何故か怖いものを感じる歳になってしまいました。
c0153173_2115290.jpg
c0153173_21153283.jpg
c0153173_21154924.jpg
c0153173_2116653.jpg
c0153173_21163552.jpg
c0153173_21165374.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2012-11-04 21:13 | 紅葉

錦帯橋紅葉谷公園の紅葉

昨日は錦帯橋紅葉谷公園の紅葉を見に行きました。
今が最高の見頃となっています。
ただ、感動する紅葉を見るためには太陽の光が欠かせません。
ここは午後からはあまり日が差し込まないので、
午前中の方が良いような気がいたします。
それでも見事な紅葉でした。

大勢の観光客があまりの美しさにシャッターを押し、
ため息を漏らされていました。
それでも、今日までが見納めかもしれません。
宇野千代邸の庭の紅葉も見頃を迎え、
庭では茶会が開催されて、
宇野千代生誕114年の催しに多くの人が訪れておられました。
c0153173_65324.jpg
c0153173_6532493.jpg
c0153173_6534224.jpg

宇野千代邸の庭

c0153173_654122.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2011-11-27 06:54 | 紅葉

聖湖の彩り

はやくも立冬を過ぎてしまいました。
行きつ戻りつする季節に感傷に浸るまもなく、
山々も秋色に染まっていきます。
休日毎の雨に西中国山地の紅葉も過ぎていきます。
今日は思い切って仕事を休み、
北広島へ紅葉狩りに出かけました。
すでに紅葉は残炎となり、気温も13度と冬への衣替えに移っていました。
それでも、多くの紅葉ファンが訪れ往く秋を惜しんでいました。
聖湖湖畔の周遊道路は、
まだまだすばらしい紅葉に映え、
湖畔のキャンバスは山吹色、赤、黄色等々と
色々な色彩で埋め尽くされ、
生きているすばらしさを教えてくれます。
いろいろ忙しいけれど、
こうしてリフレッシュできる喜びが
また、すばらしいと思う人生の黄昏です。

c0153173_20171249.jpg
c0153173_20174156.jpg
c0153173_2018467.jpg
c0153173_2018362.jpg
c0153173_2019116.jpg
c0153173_20191983.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2011-11-09 20:20 | 紅葉

紅葉が始まって

おはようございます。
爽やかな朝を迎えました。
ようやく風邪も治りましたが、まだ完璧ではありません。
昨日は、久々に山に行ってきました。
津和野街道を中道まで歩いてきました。

幾つもの「クマ注意」の立て札に、
鈴の音も大きく鳴り響きます。
新鮮な冷たい空気が身体を包み込み、
歴史の中に埋没した往時を忍ばせます。

中道で昼食になったのですが、
ふと、山を見ると
すでに美しく紅葉しているのです。
1月早い紅葉に感動して、
弁当をいただきました。

人生の流れは止まることなく、
一年の経つ早さも加速していきますが、
今年もすばらしい紅葉に巡りあえました。
27000歩の楽しいウォーキングでした。
c0153173_6364812.jpg
c0153173_637476.jpg
c0153173_637244.jpg
c0153173_6373958.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2011-10-17 06:35 | 紅葉

紅葉谷の紅葉

一週間ぶりに紅葉谷を訪れた。
急に冷え込んできた気温に、紅葉も真っ赤に色づいていた。
錦帯橋を訪れた観光客も、ここまで足を延ばしているのだろうか、
多くの人が、炎のように燃え上がっている晩秋の饗宴に我を忘れて酔っている。

なんとすばらしい景色なのだろうか。
日が入って輝くこの色彩、
今しかないのが、また不思議である。

晩秋の風が吹く前に、
もう一度、お前と戯れたい。
c0153173_193929.jpg
c0153173_19391821.jpg
c0153173_19393380.jpg
c0153173_19395279.jpg
c0153173_194081.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2010-11-17 19:40 | 紅葉

米泉湖の紅葉

暦の上では立冬を過ぎ朝夕の寒さが体に染み込む季節になりましたが、
今日は暖かい秋の休日でした。

月例会の夜市いきいきウォーキングに参加してきました。
今日がちょうど第70回の例会だそうです。

約10キロの道のりですが、山越えがあったのでよい運動になりました。
米泉湖畔の公園は、紅葉が真っ盛りで、多くの家族ずれが車で訪れていました。

あまり知られていない下松市の紅葉の穴場ではないでしょうか。
赤や黄色、山吹色と目を見張る鮮やかな錦繍の彩りに、
参加者は皆さん感動していました。
寒桜が咲き、秋と春のコントラストに、
ウォーキングの疲れも忘れてしまいました。

関係者の皆さん今日はありがとうございました。

c0153173_2241714.jpg
c0153173_225164.jpg
c0153173_2251714.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2010-11-14 22:05 | 紅葉

紅葉の激しさ

朝起きると空には満天の星。
このところの冷え込みで、早朝の星空が美しい。
これからが一日の始まりなのです。
慌ただしく過ぎていく出勤時間、
何か時間のウェーブが見えてきます。
それに乗って自然に体が流れていくのです。
どの道を行っても同じ時間に着いてしまうのです。

昨日は吉和の紅葉を見に行ってきました。
もう少し早いかなと思うぐらいで、
すでに黄色、赤、朱色、山吹色等々に木々が染まり、
自然の織り成すすばらしい色彩に感動してきました。

ただ、あと何回見られるのだろうかと、
ふと、年齢を思ってしまいます。
人の世のはかなさと、
人生の孤独についての深い感慨が紅葉の中で何かを語りかけてくるのです。
c0153173_223245.jpg

c0153173_2235326.jpg
c0153173_2241086.jpg
c0153173_224289.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2010-11-05 22:05 | 紅葉

修道大学の樹彩の輝き

今年も修道大学に行ってきました。
晩秋を惜しむように最後の紅葉が残り火の炎のように、
燃えていました。
冷たい風に、黄色いイチョウの葉が舞い上がり
今年も生きている存在として、
メラメラと最後のエネルギーを放出している。
ここの地には理想とする夢があり、
かぎりなく創造の時を刻んでいる。
すばらしいイチョウ並木に、
忘れてきた青春を垣間見る。
c0153173_19564784.jpg
c0153173_19565939.jpg
c0153173_19572425.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2009-11-15 19:57 | 紅葉

晩秋の宮島

おはようございます。
今日はよいお天気になりそうです。
昨夜は、8時ごろには寝てしまいました。
10時間ぐらい寝たのでしょうか。
最近は、加齢の為か疲れてしまいます。

昨日は、ハウスバーモント宮島ウォークに参加しました。
数百人の参加者があり、開会式には女優有村みき?さんがトーク&ストレッチ
をされましたが、ほんとうに綺麗な方でした。
すでに、紅葉の宮島は終盤といったところでしたが、
世界遺産の宮島は、島が沈んでしまうほどの観光客で賑わっていました。
宮島口の駐車場は何処も満車、船は10分おきに臨時便が出て、厳島神社までの道は、
離合が難しいほどでした。
みやげ物売り場は、長い行列ができて、久しぶりに見た活気のある光景でした。
関西弁の人も多く、高速1,000円の繁栄が見られました。

10キロの行程ですが、二度と参加したくない内容でした。
ハウスのスタッフさん、参加者を集めればよいというものではありません。
ウォークと銘打てば、その目的、趣旨、参加者が何を求めているのか、
せっかくウォーキング協会の方がおられるのですから、参考にお知恵を借られて
充実した、実のある大会を希望します。
参加賞なんか欲しくありません。

とはいっても、関係者の皆様お疲れ様でした。
c0153173_7592861.jpg
c0153173_7595657.jpg
c0153173_801473.jpg
c0153173_802818.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2009-11-15 08:00 | 紅葉