カテゴリ:新年( 19 )

新年天皇一般参賀

遅くなりましたが、今年も宜しくお願い申し上げます。

今年のお正月は、天皇一般参賀に行ってきました。
雲ひとつ無い青空のもと、厳重な警備の中を二重橋から宮殿の東庭に進むのですが、
すごい参賀の人波で、なかなか前へ進むことができません。
この日は、5回のお出ましがあったのですが、8万人が一般参賀へ訪れたとのことです。
私は、5回目の2時30分のお出ましに訪れました。
東庭を埋め尽くした参賀の人へ、天皇陛下は、皇后様をはじめ皇族方とベランダにお立ちになられ「本年が国民一人ひとりにとり、安らかな穏やかなものであることをねがっています。年の初めにあたり、我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。」と述べられ、
笑顔で手を振られました。
初めての天皇参賀に感激したお正月でした。
c0153173_215795.jpg


c0153173_212958.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2014-01-02 20:59 | 新年

湯平温泉でお正月

今年はゆっくりと温泉でお正月を過ごしました。
湯布院町の湯平温泉に行ってきました。
医療温泉の横綱と称される温泉には共同浴場が5つあり、
私は、よく整備された共同浴場のファンです。
湯平温泉も時代の流れの中で、
衰退している様子が、石畳の坂を散策して、
ひしひしと伝わってきます。

年始からほんとうにゆっくりと、食事にお湯にのんびりと過ごしてきました。
帰りは雄大な由布岳を車窓から見ながら、
別府の金輪温泉を散策して、
立ち寄り湯で、冷え切った身体を温めて年始をスタートしました。

冠雪の由布岳
c0153173_20551180.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2012-01-04 20:55 | 新年

2012年を迎えて

明けまして おめでとうございます
   本年も宜しくお願いいたします


初日の出を見ようと、大将軍社に出かけましたが、
あいにく曇り空で、初日は昇ってきませんでした。

今年も、平凡な一年でありますようにお祈りして気分を新たにしました。

c0153173_16424588.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2012-01-01 16:43 | 新年

小 寒

今日は寒の入り。
暦の上で一番気温が低いとされる二十四節季の小寒です。
再び寒波の来襲です。
気温も8度から上がらず、寒い一日でした。
当分寒さが続きそうです。

事務始めからすでに3日が経ちました。
今年は数年ぶりに年末年始我が家で過ごしました。
とは言っても、初詣には遠石神社に出かけ、
2日には世界遺産の宮島の弥山に登ってきました。

宮島は驚くような人でした。早く出かけたのですが駐車場は満車状態。
参道はものすごい人波でした。
外国の人も多く、お互いに鳥居をバックにシャッターを押しました。
大型船が入港できるように桟橋も改修される予定です。
また、弥山の展望所も新年度には新しく改修されるようです。
ほんとうに活気が戻ってきました。

活気がなくなっているのは、どうやら私だけのようです。
男は仕事を追われると希望がなくなります。
人間の一生なんか儚いものですね。

帰りたい青春へ
夢中になれるものは
お金儲けか仕事か
それとも女か
生きている目的の中で
ただひとつの明かりを探そう
c0153173_21192893.jpg
c0153173_21194663.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2011-01-06 21:20 | 新年

あけましておめでとうございます。

 明けましておめでとうございます。
    今年も宜しくお願いいたします。

空気が肌を刺す冷たい朝を迎えました。

笑顔で鏡を覗いてみたら
鏡の私も笑っていた
私の向こうのあなたも
私が笑顔で接するなら
きっと笑顔で答えるのでしょう

人生とは何か
人生に目的はあるのか
人は何故生きているのか

人生に生きがいを求め
人生に意義を求める
希望があるから生きている

一生懸命生きている
それで十分です

今年も一生懸命生きていきます。
c0153173_7572344.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2011-01-01 07:58 | 新年

お正月

新年あけましておめでとうございます。
冷たい朝を迎えました。
旅の疲れがなかなか取れません。
12時間も寝てしまいました。
南国から帰国して、この寒さには閉口してしまいます。

自然は何も変わらないけれど、日本の社会が急激に変化していることは
実感しています。
それでも、人生にリタイアはないと思っています。
確かに記憶力は減退しています。
老いを食い止めるのは精神力だけなのです。
残りの日々のチケットを惜しみながら有意義に使っていきたいと
考えている正月・二日目です。
c0153173_919032.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2010-01-02 09:19 | 新年

面白き こともなき世を 面白く

今日は、ある市長の座右の銘が目にとまった。

高杉晋作の辞世の句「面白き こともなき世を 面白く 住みなすものは心なりけり」であるが、彼は、「面白き こともなき世を 面白く」を座右の銘としている。
彼の心が、信念が見えてこないのが残念である。

教育の崩壊が叫ばれている今日、日本の教育を考える時、明治維新まで遡るようになるのであるが、果たして今日の教育は崩壊しているのだろうか、我々の時代の教育はそんなに素晴らしかったのだろうか、体罰や差別も残っていたし、高度経済成長の時代には、中卒者が金の卵として集団就職していた。
教育の機会を最初から奪われていた時代だった。

そんな時代の中で、重要な点は子供たちが教師や親に対して従順だった。
親や教師が大人の生き方をしていたし、勉強しないと大企業に就職できないと言う言葉に説得力があった。そして、このことが日本人にとって、有利に生きる絶対条件であることを、大人のうしろ姿を見て知っていた。

経済的に豊かになりすぎたことで、貧しい時代のことを省みようとしなかった。
私は教育が崩壊しているとは思わない。今必要なことは、私たち大人がどういう人生を望んで生きているのか、充実した生き方とはなんなのかを、子供たちに示すことが必要なのではあるまいか。

政治においても、ある程度の権威によるコントロールが必要なのではあるまいか。
c0153173_227317.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2009-01-06 22:01 | 新年

冷たい~ハウステンボス


今回の旅のメインは、野母崎に咲く1000万本の水仙の香りだった。
前回の長崎は時間がなかったので行かれなかったから、
いつか訪れたいと思っていました。

今年は、水仙の花に囲まれて暖かい正月を過ごしたいと密かに思っていました。
その夢の実現へ行動したのでしたが、
折りしもあの寒波襲来でした。
海は大荒れ、野母崎公園に吹き付ける風は、吹雪でした。
それでも、凛として多くの水仙の花が出迎えてくれました。
心を包む甘い香りこそ期待できませんでしたが、
一つの望みが叶った長崎でした。

横殴りの雪が吹き付ける高速をハウステンボスまで飛ばしました。
こんな豪華な施設を、誰が何の為に作ったのだろうか?
現在では、経営として考える時、脳裏をよぎったのは破綻・・・
そこには、冷たい冬の嵐が雪を伴って吹いていました。
ここでも、外国の人の宿泊客や観光客を大勢目の当たりにし、
今日の日本の姿を、現実を、行く末を感じるのは私一人だったのでしょうか?
c0153173_2058058.jpg
c0153173_20582242.jpg
c0153173_20584181.jpg
c0153173_205912.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2009-01-03 20:59 | 新年

野母崎すいせん公園から~おめでとうございます

明けましておめでとうございます。
昨年は多くの皆様に大変お世話になりました。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

年末から九州へ行っていました。
福岡のキャナルシティは始めて訪れましたが、
食べるによし、見るによしの場所でした。

平戸のサムソンホテルのランチバイキングと天然温泉に
行ったのですが、
すごく豪華なバイキングでした。
魚は新鮮で刺身や握り寿司等々メニューも豊富で、
ついつい食べ過ぎて、メタボに拍車がかかった感じです。
c0153173_20393983.jpg
c0153173_20401439.jpg
c0153173_20403482.jpg
c0153173_20405211.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2009-01-01 20:41 | 新年

茶臼山に登って

おはようございます。
寒い日が続きます。
茶臼山に登りました。
寒い北風が吹く日でしたが、
眼下には素晴らしい景色が広がっていました。

今日も希望に燃えて
感謝に溢れて、時間を忘れ、
愚痴をこぼさず、黙々と働いてきます。

c0153173_6142895.jpg
c0153173_6144646.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2008-02-18 06:14 | 新年