カテゴリ:夏( 37 )

プールサイド

処暑を過ぎ、長かった天候不順からようやく抜け出たように久々に青空が広がりました。
温度計も35度と真夏の暑さに体が興奮しました。

真夏の太陽が降り注ぐプール、水の色もエメラルドグリーンに輝き子供たちの歓声がこだましている。
無邪気に泳ぎ回る子供たち、あまりにも眩しすぎる。
この姿にすばらしい躍動感を感じ、この子らの未来を思う。

廻り来る季節の早さに、焦りを感じる小生とは視点が違う。
これが歴史というものだろう。と、つまらぬことを思いながらも、
ライフセイバーの使命に、目だけは厳しく水中を見ている夏の日です。
[PR]

by takatihomine-b | 2014-08-26 19:46 |

夏の終わりに

夏というのに、毎日が梅雨のようです。

ほぼ毎日が曇りと雨の中、夏休みも残り少なくなりました。
夏休みを惜しむかのように毎日繰り広げられる人々の営み、何とすばらしいことだろうか。
こんな時代に帰ることのできない人生。
ここには歴史の重みがあり、夏がある。

お客様の姿を見ていると、いろいろなことが走馬灯のようによみがえる。
プールサイドでは、老いたライフセイバーが今日も目を光らせている。

広島では、豪雨災害で多くの人が亡くなられたり罹災されました。
心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。

c0153173_2126987.jpg

c0153173_21264236.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2014-08-25 21:23 |

真夏の歯車

真っ青な空、湧きあがる入道雲。
強烈な日差しが肌を突き破る。
朝礼時の気温はすでに35度、終礼時前には42度を超える日々。
メラメラと燃える夏の日に、
華やかな歓声がこだまして、子どもたちの世界が繰り広げられている。

この夏は、LGとしてプールサイドから目を光らせている。
ある企業の小さな歯車として、救命という重責を背負っている。
ローテーション勤務の気が抜けない仕事です。
今日は、同僚が機敏な行動で1名を救助しました。

大勢の子どもたちを見ていて、確かに世の中が変化していることに気づいた。
永遠の時間の中で、何が正しく、何が誤りなのだろうか。

通り過ぎていった時の流れの中で、
無数の神経が無言の責苦を感じる真夏の歯車であります。
[PR]

by takatihomine-b | 2014-07-26 17:09 |

稲穂は揺れて

焼けるような夏の日、
海では恋人同士のカラーが弾ける。
熱っぽくあつく燃えて、
そうだった、何もかもが熱く燃えていた。
そして、何もかもが激しかった。
不安など無かった青春。

実りの夏、すでに稲穂は揺れている。
秋を待たずして。
季節の移ろいはこんなに早いのだろうか。
c0153173_2051933.jpg
c0153173_20514016.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2013-08-04 20:49 |

喜びも苦しみも暑さとともに

立秋も過ぎ、お盆も過ぎ
時の過ぎゆく早さに驚いています。

残暑だけは今日も続いています。
すでに実りの秋を迎えたこの地域は、
黄金色の稲穂が風にゆれ、
刈り取りも始まりました。

猛暑を逃れ、灼熱の砂浜の向こうには、
水の澄んだビーチで多くの家族連れが行く夏を惜しむかのように
水と戯れています。
瀬戸の海は入道雲が沸き立ち、
夏本番を思わせます。

幾つになっても青い空、青い海に憧れ、
夏の魅力に浸っているのです。
太陽と語り、波と語り、
目の前には、アメリカの少女が肌を焼いている。
すっかり我を忘れ幻想に浸っている自分の姿がある。
もう夢も終わろうとしている人生に、
すべてが美しく強く息づいている。
暑くてもいい、夏の日が好きだ。
c0153173_21234248.jpg
c0153173_2123576.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2012-08-19 21:22 |

新しい朝が来た 希望の朝だ ~夏期巡回ラジオ体操(和木町)

ここは山口県と広島県の県境の町です。
人口6,600人で、化学コンビナート企業で発展しています。
財政も豊かな町として有名です。
このたび和木町体育協会設立60周年記念行事として、
「夏期巡回ラジオ体操」が実施されました。

すばらしい朝を迎えました。
なんと爽やかな朝なのでしょうか!
人生で最高の体験ができました。
早朝より参加者1,200名が一同に会し、
和木中グランドはさわやかな朝の新鮮な空気をグランドいっぱいに放っています。
参加者の多さに広いグランドも埋め尽くされています。

指導 多胡 肇先生  ピアノ 加藤由美子先生

さあ本番です。
日本全国はもとより世界各国に電波が流れます。

新しい朝が来た 希望の朝だ♪・・・

すばらしい自然に囲まれて
大勢の人とのふれあいがあり、
和木中学校生徒の力強い躍動感、
また、若い力の掛け声が響き渡り、
まさに、ラジオとともに健やかな手足を伸ばすことができました。
今日は本当に、心に残る思い出をいただきました。
おかげさまで、すばらしい一日の始まりを迎えることができました。

連日30度を超える猛暑が続いていますが、無理をせずに
今日も歩いていきます。

c0153173_22144639.jpg
c0153173_2215685.jpg
c0153173_22152279.jpg
c0153173_22153775.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2012-07-30 22:13 |

聖湖キャンプ場の夏

毎日酷暑続いています。
今年もあっという間にお盆が訪れました。

ギラギラ、ギラギラと太陽は燃えています。
今日も・・・・
終戦のあの日のように
また、私たちの念仏を見捨てたまま
じつにまぶしく厳しく燃えています。

人生の理想と現実を目の当たりにして、
まだ、振り返ることをしようとしない自分。

何度も繰り返される歴史のうねりの中で、
みんなが感じる人生の不条理。

今年も北広島へキャンプに行ってきました。
静かな湖畔のキャンプ場は多くのテントで埋め尽くされていました。
毎年のことですが、ゆっくりしに来るのですが、
あっという間に夕食になってしまいます。

何もしないまま夜のとばりが降りてしまいます。
夜中の気温は十数度になるのでしょう。
寒いので毛布だけでは目が覚めてしまいます。
やはり、ジャンパーは必携品です。

早寝早起きの習慣はどこにいても同じです。
爽やかな聖湖畔のお盆休みでした。
c0153173_1359511.jpg
c0153173_1402029.jpg
c0153173_1404516.jpg
c0153173_141717.jpg
c0153173_1412436.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2011-08-16 13:46 |

流れゆく歳月

酷暑が続いています。
PCの調子が悪かったり、身体が年齢に負けてしまったり、
散々な日々を過ごしています。

昨日は、余りの暑さに閉口して潮風公園に泳ぎに行きました。
夏休み前でしたが、連休ということもあり、
芋の子を洗うほどの遊泳客でごった返していました。
台風の影響で波は高かったけれど、
水温も適度であり心地よい少しの時間を過ごしました。
孫が来ていたのですが、一緒に連れて行ってやろうと思ったのですが、
親のほうが「もう庭でプール遊びしたのだから駄目!」と一括、
「僕はいかない!  でも、いいな???!!!」
それから、大泣きです。
「ちょっと用事がある。」といえばよかったと反省しています。
しかし、親も親一緒に連れて行ってやればいいのに?

夕方は、城山の展望台まで夕涼み。
もう、蝉がすごい声で鳴いていました。
蝉にとってはすでに夏の終わりが見えているのでしょうか?

昨日は、お寺のお盆参りがあったようです。
家内が、般若心経を覚えているとき覚えたらしいのですが、
お寺さんの前で、これを唱えたとのことです。
お寺さんは苦笑されて、「南無阿弥陀仏と唱えましょう。」といわれたのですが、
頑として、「般若・・・」とやったらしいのです。
ちなみに我が家は、今のところ浄土真宗です。

そして、飽きたら自分で蝋燭やお灯明を消して「終わり。」
と言ったそうです。
こんなやんちゃなこの孫が一番可愛いと思っている人生の黄昏時です。

庭の南瓜もこんなに大きくなりました。
最後に、あの頃の味を噛み締めました。
人生なんてつかの間と思うような年齢になりました。
c0153173_19514281.jpg

c0153173_19503325.jpg

c0153173_19505751.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2011-07-18 19:44 |

6月の海は冷たかった。

まだ6月というのに容赦なく照りつける太陽。
こちらは、厳しい暑さが続いています。
異常な高温が続いています。

朝から近所の草刈をしたのですが、この暑さには閉口してしまいました。
JRは本当にひどいものです。
いくら言っても草1本刈ってくれません。
中国地方では、純利益もトップ企業です。
周辺の環境なんか無視して営利の追求に奔走しています。
私が草を刈ることができなくなったら、
この近辺の環境破壊は想像を絶することでしょう。
4~5年前に「国鉄が日本を潰した。」という本がベストセラーになったように
記憶していますが、(間違いかもしれませんが)・・・
ひどいものです。

そんなことで、潮風公園に泳ぎに行きました。
今年の初泳ぎです。
気温が相当高い為、砂浜は熱くて素足で歩けないほど焼けていました。
水は少し冷たかったのですが、水は澄み、入道雲は湧きあがり、景色のすべてが絵葉書のように澄んで見えました。
日焼け止めを塗った肌も、今は赤くなりヒリヒリしています。
これからが、私の季節ですが加齢だけが残念に思える休日でした。

c0153173_2115487.jpg
c0153173_21152945.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2011-06-25 21:05 |

終わってほしくない夏休み

おはようございます。
朝夕はめっきり秋の気配が感じられる季節になりました。
日中は、湿度の高い残暑が続いています。
それでも、水温は冷たく感じられるようになったプール。
あの灼熱の陽射しはなくなり、
季節に適したそよ風が、プールサイドを吹きぬけます。
今日は夏休み最後のプールにしようと思います。

美しいチーフのライフガードさんに、

「今日で最後のスイミングにしますので、
     途中で救助していただけませんか?」

「あなたは、何をおっしゃっているのですか!」

言葉の中にもやさしさが感じられます。
覚めなければいいと願う夢の記憶にも似た余韻。
終わってほしくないという心の中で、
私の夏休みが終わりました。
c0153173_10163727.jpg

[PR]

by takatihomine-b | 2009-08-21 07:20 |